カメラ関係

デジカメで撮った写真をスマホにイン!東芝 FlashAir 8GB SD-WC008Gのレビュー

デジカメで撮影した写真をスマホに移す利点としてその高精細な写真を使用したい場合に、Wi-Fi機能内蔵のSDカードを利用すると手軽にデータの移動が出来ます。
今回は東芝が採用しているFlashAirのSD-WC008Gをレビューして見たいと思います。


購入はいつものAmazon.co.jp(アマゾン)から。
FlashAir 8GB SD-WC008G

カメラで撮ってスマホで共有というパッケージのうたい文句通りデジカメで撮影した写真を簡単に移すことが出来ます。転送方法はWi-Fiを利用し移動するので何処でも簡単にでき、専用のアプリも用意されているので写真管理もしやすくなっています。

FlashAir 8GB SDカード

SDカード自体はとくに変わった点は無く、真っ白なボディーを採用しており他のSDカードと見分けをつける点でも良い点ですね。

FlashAir SDカードの速度

FlashAir 8GB SDカード速度

SDカードはClass10の表示があります。速度は確かに10MB/s以上を記録してくれています。一眼レフなどの高画素になると記録に時間がかかると思いますのでコンデジで運用するのが望ましいかと思います。

FlashAir SDカードのアプリ設定方法

スマホのFlashAirを使用する場合はアプリが必要になります。iPhoneで有ればAPPストアにて「FlashAir」で検索してアプリをダウンロードします。
カメラにFlashAirを挿入している事を確認してカメラの電源を入れます。

FlashAirアプリ

アプリ側では電源を入れるように注意が出ます。

スマホのWi-Fi画面で「flashair~」というアクセスポイントが出てくるので接続します。初期パスワードは「12345678」に設定されています。

FlashAirアプリ

FlashAirに接続されたことを確認してアプリ画面を開きます。そうすると通信が開始されてSDカード内の写真が一覧表示されます。

 

FlashAirアプリ

スマホに転送したい写真を選ぶと写真転送先の候補画面が出てきます。スマホ以外にもTwitterやFaceBookなどのSNSなどへの投稿もできる様です。

FlashAirアプリ

写真は1枚1枚すると面倒なので複数選択して一気に転送する場合は画面右上のチェックマークを押すと複数選択画面に移動します。

FlashAirアプリ

 

Wi-Fiにつなぐ、アプリを立ち上げる、写真を選択する、写真を転送すると少し手間がかかることになりますが、スマホで撮った写真とは比べものにならないほどの高精細な写真を手軽に投稿できるようになるので一度使い出すと手放せませんよね。

関連記事

  1. EOS Kiss X7箱

    小さなカバンでも持ち歩きやすい一眼レフCanon EOS Kiss X…

  2. AR液晶保護フィルム

    OLYMPUS TG-850に液晶保護フィルムを貼ってみた

  3. CANON EOS Kiss X7互換バッテリーパックLP-E12

    CANON EOS Kiss X7互換バッテリーパックLP-E12のレ…

  4. EX-ZR400WE

    ちょっと待てない!高速起動のCASIO HIGH SPEED EXIL…

  5. 液晶保護フィルター貼り付け

    CANON EOS Kiss X7用液晶プロテクターのレビュー

  6. LUMIX DMC-GX1

    スペックが良くカスタマイズ性に優れ所有欲を満たしてくれるLUMIX D…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

PAGE TOP