家電関係

家電分野にも進出した小米(シャオミ)の卓上LEDライトを購入してみた

小米(シャオミ)の卓上LEDライトを購入しました。インターナショナル版のホームページには出ていませんが中国語版のホームページに商品紹介が出ています。
スマホ分野だけに限らず家電分野にまで手を広げた小米(シャオミ)ですが「照明による光の芸術」とのキャッチコピーを掲げた卓上LEDライトどのような製品になっているのか紹介したいと思います。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

ホームページはこちら

中国語では「米家 LED 智能台灯」と呼ばれています。

小米(シャオミ)の卓上LEDライトの特徴

目の疲労軽減のため小米(シャオミ)の卓上LEDライトは光の調整を細かくできる様になっています。白色から暖白色まで調整可能で光度調整までできる様になっています。
LEDの点滅回数は1秒間に100回の点滅をしているとのことで日本の東日本(50Hz)に相当するようです。
シーンに応じた使い方が最初から設定されており、アプリを使う事により簡単に光量調整が可能になっています。

それでは本体を見てみたいと思います。

小米(シャオミ)の卓上LEDライト本体

商品パッケージは真っ白な箱で少し大きめなサイズです。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

卓上LEDライトを引き出すとフレームデザインの非常にすっきりとした商品が出てきました。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

コンセントは日本のプラグ形状と同じの2口タイプです。また電圧も100Vから対応なので日本でも使用する事は可能でしょう。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

土台部分にはつまみがあり、押すとライトのオン、オフができ、回すと光量調節が出来ます。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

アダプター差し込み口は丸口になっていました。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

LEDライトを伸ばすと非常にスマートな形になっています。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

点灯してみました。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

そこから光量調整を最大まで行うとこのように非常に明るくなっています。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

ヒンジ部分の取り付けもしっかりしています。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

LED部分への電力供給用ケーブルは赤色で、白い本体と非常にマッチしています。

小米(シャオミ)卓上LEDライト

購入金額は169元、現在のレートで2,800円ほどになります。小米(シャオミ)というメーカーが手がけながら3,000円を切るコスパでデザイン、作りの良い商品を提供してきたなぁと言うのが感想です。
またこのLEDライトはアプリで設定を行う事ができるのですが、その内容は次回紹介したいと思います。

関連記事

  1. mi band

    小米(xiaomi)のmi bandを10日間使っての感想

  2. 小米(xiaomi)でカラフルな単3電池を購入してみた

  3. 暗視機能もついたシャオミのウェブカメラ「YI Smart Webcam…

  4. SLINGBOX PRO-HD

    SLINGBOX PRO-HDで海外でも快適に日本のテレビを見よう

  5. 爆光LEDな「Siensync LED ヘッドライト CREE XM-…

  6. 話題のDCモータ搭載 山善30cmリビング扇風機YLX-ED30購入

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

PAGE TOP