注目の記事 PICK UP!

小米(xiaomi)のmi bandを10日間使っての感想

小米(xiaomi)のmi bandを使用して10日間が経過しました。10日間使用して良かった点、悪かった点を上げてみたいと思います。

mi band

mi band

千円台で購入出来た格安のウェアラブル端末、小米(xiaomi)のmi bandですが購入から10日が過ぎました。毎日腕に装着した状態で生活して気づいた点がいくつか。良い点も悪い点も含めて自己評価は80点ほどになります。

mi bandの良かった点

安さ

小米(xiaomi)のmi bandは69元、日本円でたったの1400円です

小米(xiaomi)のmi bandは69元、日本円でたったの1400円です

後にも先にもこれをおいて他ならないですね。新型のmi bandが出るので79元を69元に値下げしました。そうです日本円でたったの1,400円です。
こんな安いと「機能は良くないんじゃ…」と思うかもしれませんが記録する事はきっちり記録します。

歩数に睡眠時間にと気になるツボはきちっと押さえてくれているんですよね。

これを他の企業でマネしろって無理だと思います。中国企業が中国国内生産でこれだけディスカウント出来るという事は、海外企業が中国国内生産でだいぶ足下見られているのかと思ってしまいます。

バッテリーの持ちの良さ

8mm電池使用で30日もの連続使用可能

8mm電池使用で30日もの連続使用可能

mi bandが到着してから一度も充電していません。メーカー公表では30日以上稼働となっていました。

出荷時が満充電で無いにしろ10日間ずっと充電をしていなくても記録を続けてくれています。

これだけバッテリー持ちが良いと充電をし忘れそうです。毎月の決まった日に充電とルール決めしておかないといけませんね。
今まで使ったウェアラブルではJawbon UPの初期モデルで確か10日間が最高だったと思います。それを遙かにしのぐバッテリーの持ちは良い点にあげられるのではないでしょうか?

防水性能の高さ

いくら防水性能が備わっているといっても高額であればためらってしまいますよね。このmi bandはたったの千円台で購入出来ます。という事もありじゃんじゃん水につけています。

mi bandをお風呂でジャブジャブ

mi bandをお風呂でジャブジャブ

どうです?思いっきり水をかけています。水を気にせず使えるって精神的にも良いですね。
これを毎日入るお風呂でやっても壊れません。中国の安かろう悪かろうを一気に払拭しましたね。率直に小米(xiaomi)凄いと思いました。

気軽に替えられるバンド

たとえばApple watchはバンド交換するだけで安くて数千円、高いので数万円としますよね。気軽にバンド交換が出来て気分転換をしたいと思ってもお財布事情に厳しいのですが。
でも小米(xiaomi)のmi bandはサードパーティーも含めて数百円以内で購入出来ます。

こちらの商品はイタリアンレザーを使用し、メタル素材まで使ったバンドです。これが199元なので約4000円。小米(xiaomi)のタオバオ店で購入出来ます。

mi bandレザーバックル

mi bandレザーバックル

アプリの使いやすさ

アプリはもう直感でわかるように設計されています。見る画面は睡眠、歩数、体重の3つだけ。数字やグラフで表示してくれるので直感でわかります。

mi fit画面

mi fit画面

またこの記録をSNSなどにアップ出来るように作られておりますので自分の活動を発表する場があるというのは張りあいにもなりますね。

mi fit sns投稿

mi fit sns投稿

とくに良いと感じた点はこのぐらいになりますね。それ以外にもちょっとしたことがあったりしますが、それはウェアラブルの先駆者的なJawbon UPが実現してたりします。

mi bandの悪かった点

アプリの提供言語

まだ世界展開していない為しかたないところですが、アプリは中国語、英語のみとなっています。日本語で不自由なく使いたいとはまだまだ出来ないですね。

バンド部分でかぶれが見られるかも

最初付け始めたときに手首周りでかぶれが見られました。直接原因か断定出来ませんけどかゆみは1日でひいていってくれました。
汗がたまると肌の弱い人はかぶれが発生するかもしれません。

充電のしにくさ

IMG_1155

充電用のケーブルが特殊な形をしています。30日も充電をしなくなるとケーブルを何処にしまい込んだのか忘れることがありそうです。
また充電頻度は少ないので自宅用、会社用と使い分けなくても良いと思いますが、2つ以上必要になると単体で販売されていないため難しいですね。
つまり充電の自由度が低いということです。

電波法の問題

昨今海外スマホの技適マーク無しについて電波法に接触する問題が散見されます。mi bandはBluetooth接続のため電波を発している以上日本国内での使用が難しいかもしれません。
ちなみに私は中国内で使用していますので問題はございません。

小米(xiaomi)のmi bandを使ってみるとやはり購入のしやすさ、機能面で使いやすく大変気に入ってしまいました。mi band Pulseがもうすぐ発売ですので購入予約をしていますので届き次第レビューをお届けしたいと思います。

追記:mi band Pulseを購入してレビューしていますのでどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサードリンク

スポンサードリンク


他のブログもデジウォッチ!
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ

関連記事

  1. 小米(シャオミ)卓上LEDライト

    家電分野にも進出した小米(シャオミ)の卓上LEDライトを購入してみた

  2. 2016-03-13_19-18-42

    小米(xiaomi)の新型Bluetoothスピーカー購入レビュー

  3. パナソニックトップユニット冷蔵庫 NR-F434T01

    エコで日本製の冷蔵庫 パナソニックトップユニット冷蔵庫 NR-F434Tのレビュー

  4. 2015-10-01_22-55-50

    SONY製イヤフォンMDR-EX450AP-H購入レビュー

  5. 97264_02l

    GPSロガー HOLUX M-241Cでルートを記録

  6. IMG_1165

    1,000円で買える小米(xiaomi)のUSB差込口つきコンセントタップ

  7. P1190372

    小米(xiaomi)で中国春節モデルの単3電池を購入してみた

  8. IMG_1176

    小米(xiaomi)でカラフルな単3電池を購入してみた

  9. mi fit画面

    小米(xiaomi)のMi bandアプリ「Mi Fit」が更新された

コメント

    • あだち
    • 2015年 11月 22日

    レビューありがとうございます。
    待っていました。

    この値段なら十分ですね。
    確かにシリコン?なので夏場は手首が汗まみれになりそうですね。

    私は新しいを友人経由で中国のバイヤーから送料込み3000円で買えることになりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

おすすめの商品

PAGE TOP