家電関係

小米(xiaomi)の自撮り棒購入レビュー

小米(xiaomi)で販売されている自撮り棒を購入して見ましたのでレビューして見ます。
自撮り棒の多くは中国メーカー産を日本でも販売されていますが、小米(xiaomi)の製品はまだ日本での正規代理店がないので珍しいのではないでしょうか。

P1180943

購入はいつものごとく淘宝(TAOBAO)の小米(xiaomi)正規店から購入しました。購入金額は49元(日本円で1000円程)で送料はいつものごとく別途10元かかりました。
この製品の特徴を挙げると

  • ポップなカラーリング
  • コンパクトに収納できる
  • Bluetoothで接続出来る
  • Micro USBで充電

があげられます。

中国製品には珍しいポップなカラーリング

P1180922

中国の製品はどうしても原色ままで我々からすると無難なカラー、たとえばBlackかWhiteに落ち着いてしまします。それが小米(xiaomi)の製品はカラーリングも良く、見た目にもオシャレなんですね。
販売されているカラーリングもグレー、ブルー、ピンクの3色だけですが、どのカラーも迷うぐらいかわいい色使いです。

折りたたみを考えてコンパクトに収納できる

P1180934

携帯する物は極力邪魔にならないようにしたいのですが、自撮り棒のスマホ固定箇所はどうしてもかさばってしまいます。
小米(xiaomi)の自撮り棒はヘッド部分を折りたためるようになっておりより一層コンパクトに収納できるように設計されています。

P1180931折りたたむとこの通り無駄なスペースが無いように作られていますね。

P1180928

スマホなら何でも接続可能なBluetooth接続

接続出来るスマホはiPhone、Android共に接続出来ます。Bluetooth接続出来るので無駄な配線は必要ないんですね。イヤフォン接続の線だと途中で断線する事も考えられるので、これはありがたいですよね。これもまたコンパクトに収めるためにと考えられているのかと思います。

スマホと共有出来るMicro USB充電

P1180925

こうやって持ち出す物が増えていくと付属品もかさばってしまう事が悩ましいです。しかし充電用のケーブルはMicro USBで充電出来るので最近のAndroid端末の充電ケーブルと共有出来ます。スマホは必ず持ち歩くし、その充電のためのケーブルと共有出来ると言う事はうれしいですね。
特殊ケーブルを使われたりするとそれだけで幻滅しちゃいますからね。

実際にスマホを挟み込んでみました。

P1180946

挟み込み部分はアジャスト出来る用になっているため様々なサイズのスマホに対応しています。比較的コンパクトなXperia Z3 Compactもこの通り支えることが出来ています。

スティックを伸ばすことにより最長

P1180937

このように最近の小米(xiaomi)製品は市場を徹底的に調査して売れる商品の販路を広げています。本業のスマホにも改良を加えて毎年精力的に販売をおこなっていますが、こういったサードパーティー製品を購入してみるのも面白いですね。

関連記事

  1. 小米(xiaomi)のBluetoothスピーカー購入レビュー

  2. LEDネックライト BF-AF10/SK2

    夜間ジョギングのお供、LEDネックライト BF-AF10/SK2のレビ…

  3. SLINGBOX PRO-HD

    SLINGBOX PRO-HDで海外でも快適に日本のテレビを見よう

  4. パナソニックトップユニット冷蔵庫 NR-F434T01

    エコで日本製の冷蔵庫 パナソニックトップユニット冷蔵庫 NR-F434…

  5. 小米(xiaomi)の新型空気清浄機を購入レビュー

  6. キヤノンの12桁表示可能電卓「HS-1201T」購入レビュー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

PAGE TOP