スマホ関係

初のアップデート!Apple Watchに「Watch OS 1.0.1」がやってきた

Apple Watchに初めてのOSアップデートが来ました。今回のOS「Watch OS 1.0.1」になるようです。手元にあるApple Watchにも早速アップデートをおこないましたのでダウンロードして見ます。

画像元:Apple Watch サポート

今回のOSアップデートで含まれる内容は

パフォーマンスの向上

  • Siri
  • スタンドアクティビティの測定
  • 室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
  • 屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース
  • アクセシビリティ
  • 他社製App

新しい絵文字の表示サポート

言語の追加

  • ポルトガル語(ブラジル)
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • スウェーデン語
  • ロシア語
  • タイ語
  • トルコ語

とのことです。

公式:Apple Watch OS 1.0.1

ではアップデートの作業風景を見てみます。
まず手持ちのiPhoneでApple Watchアプリを起動します。

マイウォッチ画面から「一般」を選びます。
マイウォッチ画面
一般画面から「ソフトウェア・アップデート」を選びます。
一般画面ソフトウェア・アップデート画面から「ダウンロードとインストール」を選びます。
ソフトウェア・アップデート画面

パスコードを入力画面でパスワードを入力します。
パスコード入力画面利用条件画面で「同意する」を選択します。

利用条件画面

そうするとソフトウェア・アップデート画面に戻りアップデート内容がダウンロードされます。
容量は51.6MBとなっております。

ダウンロード画面

ダウンロード後Apple Watchにインストールをおこなうのですが、そのときの注意点として

  • Apple WachがiPhoneの通信圏内にある
  • Apple Watchが充電器に接続されている
  • Apple Watchが50%以上充電されている

という条件があります。しかし公式のアップデート手順サイトには「iPhone が Wi-Fi に接続されている。」が項目に含まれています。
公式:Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする
確かにWi-Fiに接続しておかないとソフトウェアをダウンロード出来ませんからねぇ。

今回Apple Watchに充電器を接続せずにアップデートを適用しようとするとエラー画面が表示されました。
インストールの中断画面

無事にアップデートが完了すると完了のメッセージが表示されました。

アップデート完了

Apple Watch上でOSがアップデートされたことが確認出来ます。

watch os1.0 watch os1.0.1

 

 

関連記事

  1. アップルストア心斎橋

    こうすれば大丈夫!アップル製品を修理に出すときやること

  2. オウルテック microUSB充電専用ケーブル 2.4A出力対応 急速充電モデル

    MeMo Pad 7やZenFone5の急速充電に必要なUSBケーブル…

  3. Apple Watch画面

    実際バッテリーの持ちはどうなの?Apple Watchを普通に使ってバ…

  4. 進化したKindle paperwhiteが新発売

  5. 小米(xiaomi)のXiaomi mi5用にメタルバンパーを購入して…

  6. Pocket ring

    スマホを盗難や落下の不安から解消してくれるPocket Ringレビュ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

にほんブログ村 PC家電ブログへ

PAGE TOP