スマホ関係

バンカーリングEssentialsをiPhone6plusに装着レビュー

iPhone6になり角が無くなったので手から滑り落ちる、Android端末でも大画面になり操作をする時にポジションが定まらずどうしても持ち替えてしまう。
そんな時に役立つバンカーリングEssentialsをご紹介します。

バンカーリングEssentials

バンカーリングEssentialsはどんなものに使用出来るの?

バンカーリング貼り付け粘着ジェルパッドでスマホやタブレットに貼り付けて使います。なので一般的なスマホであればどの機種でも装着出来るでしょう。
注意が必要なのは湾曲しているスマホ。
これだけはどうしても接着面に隙間が空いてしまうので、そこから埃が侵入し剥がれることがあるかも。

あと以下の様な注意書きがあります。

シリコンケースなどのソフトケース等、接着部に凹凸またはザラツキがある製品では使用できません

スマホに直接貼らずにケースを装着して使用する人も多いかと思いますが、ケースの材質によって十分な接着強度を維持できないようですね。
使用中に剥がれて落下とならないためにも使用には十分注意した方が良さそうです。

ちなみに私はプラスチックのケースに貼り付けて半年経ちますが剥がれた事はありません。

バンカーリングEssentialsをどうやって使っているの?

バンカーリング回転バンカーリングEssentialのリングは360度回転し、どの角度からでも指を通すことが出来ます。
指を通すことにより操作時の落下を防ぐのと、画面の遠い場所をタッチするときも片手で操作できやすくなるでしょう。
また貼り付けて使うため好きなポジションを決めることが出来ますし、位置をずらしたいのであれば剥がして再度貼り付けする事も出来ます。

バンカーリングEssentialsを貼り間違えたら…

接着面の粘着ジェルパッドは水洗い出来る為、何度でも張り替えができる様になっています。
なので一度貼り付けてみたものの位置を微調整したいなぁと思ったときには剥がして再度貼り付けできます。
そのときは十分に水洗いをしてスマホ側の接着面も綺麗にした状態で再度貼り付けと融通がききます。よく考えられていますよね。

バンカーリングEssentialsはどのくらい耐えられるのか?

バンカーリング持ち上げバンカーリングEssentialsの粘着ジェルパッドは耐荷重量は4キログラムという事でパッドで使用することも出来ます。
写真の様に指で持ち上げても外れることもありません。
一般的なスマホであればほぼ全てをカバーしますし、iPadなどでも使用出来ますよね。
大画面のパッドを操作するとき片手で鷲掴みなんて出来ませんからバンカーリングEssentialsが有れば片手で維持して、もう片方の手で操作がしやすくなります。

まとめ

スマホに貼り付けて使用するけど剥がしても再度使用出来るので、途中で飽きてしまったので剥がして保管。
また使いたくなったときに水洗いして再度使用したり使い方も広がりがありますね。

関連記事

  1. Apple Watch画面

    実際バッテリーの持ちはどうなの?Apple Watchを普通に使ってバ…

  2. レノボ ThinkPad X60 Tabletデジタイザー・ペン01

    iOS 9の「メモ」アプリで活用できそうなレノボ ThinkPad X…

  3. Jawbone UP ALP-UPM-OX

    記録マニアにはうってつけのウェアラブル端末Jawbone UP ALP…

  4. ソニーのXperia Z3 Tablet Compactを購入してみた…

  5. 小米(xiaomi)のMi band Pulseを購入しました

  6. オウルテック microUSB充電専用ケーブル 2.4A出力対応 急速充電モデル

    MeMo Pad 7やZenFone5の急速充電に必要なUSBケーブル…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Youtubeチャンネル

PAGE TOP