ニュース

Surface 3発表でモバイル環境が変わりそう

Surface 3が発表されましたね。Surface Pro 3の下位版という事でプロセッサをAtomに変更してきています。Atom機でWindows端末はネットブックが流行っていたあの頃依頼でしょうか。

Surface 3
ASUSのEeePCを筆頭に一大ブームを巻き起こした時がありました。かくいう私もSONY VAIO Type Pを所有していましたが最近手放してしまいました。
こういったタブレット端末に要求されるのは持ち運びしやすいか?値段が安いかどうか?艦コレが動くかどうか?で決められているのでしょう。
Windows8.1を搭載しているようなのでWindows10へのアップグレードも問題なさそうですね。
ストレージ64GB/メモリ2GBモデルで499USDから開始とのことで、ストレージ容量、ATOM機、値段帯を見てもネットブックを彷彿とさせます。一番気になる持ち運びのしやすさですが以前所有していたVAIO Type Pや現在所有しているVAIO Pro11と比較してみてみます。

Surface 3SONY VAIO Type P(VPCP11AKJ)SONY VAIO Pro11(SVP11219DJB)
プロセッサAtom x7-Z8700(1.6GHzクアッドコア)Atom Z560(2.13 GHz)Core i5-4200U(1.60 GHz (ターボ・ブースト利用時2.60 GHz))
ストレージ64GBから64GBから128GBから
メモリ2GBから2GB4GBから
液晶サイズ10.8型(1,920×1,280)8型ウルトラワイド(1600×768)11.6 型ワイド(1920 × 1080)
サイズ(幅×奥行き×高さ)67mm×187mm×8.7mm245mm×120mm×19.8mm285 mm×197 mm×13.2mm
重量(バッテリーを除く)622g595g870g

こうして見るとモバイルという意味ではSurface 3はよいかもしれませんが、いまいち購買意欲に欠ける部分があります。こうして見るとVAIO Type Pの変態度合いが際立っていますね。

モバイル環境が変わるかどうかといわれれば、すでに今のVAIO Pro11で満足しているので変わらないですね。

関連記事

  1. 小米(xiaomi)中国の独身の日に250億円を売り上げる

  2. Zenfone2

    Zenfone2のコンパクトモデルも発売間近か

  3. 小米(xiaomi)タブレット2の発表、そしてWindows搭載モデル…

  4. Appleの新製品iPad Proを発表

  5. 小米2015年新作発表会

    11月24日に行われる小米(xiaomi)の新作発表会で発表される物

  6. 実写版のような再現率、3Dで再現されたOnePieceの世界

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

にほんブログ村 PC家電ブログへ

PAGE TOP