家電関係

アウトドアに最適なランタン型LEDランプ「suaoki 3WAY高輝度LEDランタン」を購入してみた

最近釣りにはまっており、夜釣りをする場合適度な明かりがほしいシーンが多々ある。仕掛けを作るのに車のルームランプでせっせと作っても現場で切れてしまいまた仕掛け作り。そんなときにある明かりは手元のスマホやヘッドライトのみ。

こんなシーンで活躍しそうだなと思いsuaokiの3WAY高輝度LEDランタンを購入してみた。

パッケージを開けると本体、USBケーブル、説明書が入っていた。充電ケーブルってガジェットを買っていくとたまってくるから必要無いんだけどなぁ。取説は多言語対応で日本語のページは一番最後にあったよ。

早速本体の配置と機能を見ていこう。

一番目立つオレンジのカバーを開けるとUSB口が2カ所。左は給電用ポート、右は出力用ポートとなっている。そうこのLEDランタンは緊急時のモバイルバッテリーにもなるんだね。容量は800mAhなので心許ない容量だけどね。あるだけマシかな。

その横には電源ボタン、このボタンを押してLED電源を入れるよ。

底面?にはゴム脚とソーラーパネルがついているよ。このパネルで太陽光の元本体充電も出来るんだね。キャンプで電源確保出来ない状況でもあるだけで安心出来る!

そして持ち運びが出来るように取っ手もついている。でもこのサイズだとズボンのベルトループにつけられるようにカラビナガイドの方が良いような気もするんだけどね。

次は実際にLEDをつけてみたよ。

まずは本体を閉じた状態で電源をつけると上部の丸い部分だけ光るようになっている。中心部がレンズ状になっているので懐中電灯のような使い方が出来るんだね。

そしてこちらがジャバラを伸ばした状態。ジャバラが光を拡散して結構明るいんだ。

このランプだけど電源ボタンを押す回数により点灯強度が違うようになってるよ。1回目で弱、2回目で強、3回目でSOS点滅、そして4回目でOFFのループタイプ。

取説によるとフル充電であれば弱で10時間、強で5時間、SOS点滅で6時間の点灯時間になるとのことです。

非常時にも使えるし車にポンと放り込んでおいていつでも使える状態にしておこうかな。

関連記事

  1. 超音波洗浄機personal-αで汚れがみるみる落ちるのでいろんな物を…

  2. 小米(xiaomi)で中国春節モデルの単3電池を購入してみた

  3. 話題のDCモータ搭載 山善30cmリビング扇風機YLX-ED30購入

  4. 小米(xiaomi)のmi bandをセットアップしてみよう

  5. 日立のDCモーターを搭載したハイポジション扇風機HEF-DC4000を…

  6. 1,000円で買える小米(xiaomi)のUSB差込口つきコンセントタ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

にほんブログ村 PC家電ブログへ

PAGE TOP