スマホ関係

小米(xiaomi)のXiaomi mi5用にメタルバンパーを購入してみた

先日小米(xiaomi)のXiaomi mi5を購入していらい毎日イジリ倒しているのですが、購入した時におまけでついてきた「ガラスフィルム」「TPUソフトケース」を装着している。保護の面ではTPUソフトケースは良いんだけどこれだと他の人と変わり無いよなぁと思いメタルバンパーを購入してみました。

メタルバンパーなのかメタルフレームなのか正式名称はわかりませんが、いわゆる側だけのケースです。従って本体に物があたってキズがつく事を承知で使ってみます。

購入は淘宝(TAOBAO)で50元、今のレートだと900円を切る価格になっていますよ。商品が届くと一番に目に入ってきたのはおまけ。なんとおまけにUSB Type-Cのケーブルがついてきました。そしてそのパッケージをよく見るとWater proofの文字が、つまり防水パックになっています。至れり尽くせりですね。

mi5用メタルバンパー

早速パッケージを開封します。中を覗くとごちゃごちゃと入っています。

mi5用メタルバンパー

並べてみるとメタルバンパー以外にもガラスフィルム、背面保護シート、簡易スマホスタンドなどが入っています。これで900円ですか?中国恐るべしですね。

mi5用メタルバンパー

メタルバンパーを出してみました。充電口、イヤフォンジャック口、スピーカー口なども精度良くバリなどは見当たりません。

mi5用メタルバンパー

そしてXiaomi mi5との接点である内側にはソフト素材が貼り付けられています。すごい出来ですね。

mi5用メタルバンパー

Xiaomi mi5本体に装着するとよくわかりますがガタツキや緩みなどもありません。そしてなによりブラックボディーにレッドが引き立って格好良くなりました。
ちなみにカラー展開は「ブラック」「グレー」「レッド」「シルバー」の4色展開となっています。

mi5用メタルバンパー mi5用メタルバンパー

Xiaomi mi5の背面はラウンド形状のためメタルバンパーでも接地面が傷つくのかな?と思っていると上下の部分は盛り上がっており、本体背面が浮き上がるように出来ています。

mi5用メタルバンパー

カメラレンズ部分もこれで保護できますね。

mi5用メタルバンパー

電源、音量ボタンはカラー配置を換えているのでわかりやすいですね。実際に操作しても不具合はありません。

mi5用メタルバンパー

パッケージ内に背面保護シートが入っており貼ってみたのですが余りにもデザインを損なう模様(カーボン柄)が入っていたのですぐに捨てました。やっぱりきれいな状態のままで使いたいですね。ただし当たりキズがコワいのでソフトケースなどを物色してみようかと思います。

関連記事

  1. Zenfone2

    明日販売開始、ZenFone2のカバー、フィルムも早めに注文だ!

  2. 小米(xiaomi)のモバイルバッテリーを購入してみた

  3. ShineZone専用強化ガラスフィルム

    Apple Watchのガラス面を保護、ShineZoneの専用強化ガ…

  4. EHHEパッケージ内容

    Apple Watch用のバンドを交換、EHHE 腕時計バンドのレビュ…

  5. Xperia Z3 Tablet Compact用にスリップインケース…

  6. Apple Watch Sport開封の儀式

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

にほんブログ村 PC家電ブログへ

PAGE TOP