アクションカメラ

GoProキラーになるのかDJIのアクションカム「OSMO ACTION」の開封レビュー

osmo action

アクションカメラといえばGoProが代表で上げられるがドローンで有名なDJI社から突如アクションカムが発表、発売された。見た目や形までGoProそっくりに寄せてきたDJI OSMO ACTIONが届いたので早速開封、各部チェックをおこなっていきたいと思う。

発売されたのは2019年5月17日からで数日前から広告が出始めて通勤中の電車内で予約購入をしてしまった。最近アクションカム系がマイブームとなっており各社各様のスタイル、絵面で使い方による違いが非常に面白くなってきた。
そこで今回は注目の機能であるHDR動画も撮れるという触れ込みで購入してしまったのが経緯である。撮影に関してはまた違う記事で書き起こすとして今回は外装レビューだけとさせていただく。

パッケージと同梱品

購入は大阪のDJI専門店から購入して登録特典として1,000円引きで購入できた。発売日当日にゆうパックで届いたようで帰宅後早速開封してみた。

 

外装パッケージに関してはGoProのようなディスプレイできるきれいさはなく、スマホと同じような紙製パッケージになっていた。

ドキドキしながら蓋を開けるとOSMO ACTIONが鎮座している。第一印象はGoProのHERO4にそっくりだなぁと頭をよぎった。いやぁどちらのメーカーも良い意味で良く研究されているんだろうねぇ。

本体以外の同梱品はマウントアダプタ*2とUSBケーブルそして説明書になっている。ちなみに防水機能が備わっているので本体ケースは密封型ではないものでGoProそっくりである。

本体周りの仕様

ここからは本体をじっくりと観察してみよう。まずはレンズ形状ですが最近四角い形状のGoProだがOSMO ACTIONは円形レンズになっている。これはGoPro 
HERO4まで採用されていた形状で特に違和感がなかった。

 

このレンズを取り外してNDフィルターを取り付けられるものがゆくゆく販売されるそうだ。NDフィルタにより太陽のギラギラ、水面の反射などを低減できるため撮影条件によるミスが防げるだろう。

そして同じくフロント面に配置された液晶画面。大型のカラー液晶を備えており自撮り時の確認で着けているそうだが実際使ってみると自分の使用環境ではGoProの状態表示だけのモノクロ液晶が使いやすいですね。特にこの液晶が無ければいけないという必要性にはかられなかったです。

背面の液晶ですがGoProに比べて大型の液晶になっておりこちらは視認性が良くなりました。しかもタッチパネルがGoProの全然反応しないものに比べて非常に操作性が良いものとなっています。こんな小さな画面で反応しづらいとストレスがたまるんですよね。やっとまともな製品が出てきたなぁと思いました。

後は操作系のボタンで電源、録画、QSボタンとGoProの機能とよく似たボタンばかりなので特に目新しいものではなかったです。

バッテリーは特殊な形状をしておりもし替えのバッテリーを出す場合金額が高くなるのではないのか?と思います。後は互換バッテリーもこの形状による生産性を考えると採算が合わず値段も高額になるのかもしれません。

防水用の蓋の中にUSBとSDカードスロットは同じ場所に配置されておりSDカードはGoProに比べて取り出しやすくなりました。この蓋もGoPro HERO7同様取り外しが出来るようになっておりモバイルバッテリーで給電しながらの運用も可能です。

外殻ケースですが形状自体GoProと違いがありますが、アタッチメント部分は同じものなのでアクセサリーの資産がそのまま流用できることになります。特殊形状でまた揃えないといけないことも無いのでGoProを持っている人は今までの環境ままで使えるのはありがたいですね。

 

この外殻ケースの蓋部分も少し凝っており、本体のアクセスランプが反射して見えるようになっています。ただしアクセスランプが小さすぎてミラー越しに確認するときに見えずいんですがね…

最後に本体の質感ですがGoProはラバーっぽい質感で取り外しをするときも滑り止めになってくれている感がありますが、OSMO ACTIONは梨地の作りですがプラスチック感が強く滑るかもしれないという危機感はありますね。なぜかというと外殻ケースと本体が結構キツキツなので外すときにどうしても力を入れてしまうのでそう感じました。

 

ちなみに自分が使用しているmicro SDカードはトランセンド製V30タイプのカードです。

今回は開封から外観だけのレビューとなりましたが、感想としてはGoProもDJI OSMO ACTIONも一長一短で甲乙つけがたいかなという印象です。ただしDJI OSMO ACTIONはGoPro HERO7 Blackに比べて約1万円安いのでこれから購入を迷っている場合の判断材料にはなるかと思います。

関連記事

  1. GoPro HERO7用にCPL偏光フィルターを購入してみた

  2. SmallRigのDJI Osmo Action専用ケージ2360を購…

  3. 360度カメラのRICOH THETA SCを買ったのでレビューするよ…

  4. insta360 ONE Rは次世代アクションカムになりえるのか?

  5. GoPro hero7 Blackはスタビライザ内臓でぬるぬる動画が撮…

  6. VRカメラのinsta360 One Xは視点の後編集可能が出来てとて…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Youtubeチャンネル

PAGE TOP